【PFCD68】北 航平(Kita Kouhei)『Imbalance Order And World』CD

◆銀行振込をご希望の方はCONTACTよりお問い合わせ下さい。
◆We can send CD to abroad, also Paypal is available, please feel free to send a message to us via CONTACT.

北 航平 "Imbalance Order And World" PFCD68 2017.5.17 release
http://www.progressiveform.com

Trailer https://www.youtube.com/watch?v=zF2nzc-P2_4

1. The Ebb And Flow Of The Time
2. Imbalance Order And World
3. Ruins Of Prayer
4. Keyhole Of Meditation
5. Amnesia
6. Guardian Of The Planet
7. The Gear Of Destiny
8. Beyond The Water Mirror
9. Return Of Kaguya
10. Where The Doubts Arrive

Listening https://soundcloud.com/progressive-form/sets/imbalance-order-and-world

◆『Imbalance Order And World』アルバム紹介

京都を拠点に活動し類い稀な才能を持つ音楽家/打楽器奏者である北 航平、くるり岸田繁も推薦した前作を遥に凌ぐ待望の3rdアルバム『Imbalance Order And World』が完成!

1stと2ndの叙情的なエレクトロニックサウンドをベースにしつつ、世界的にも非常にレアでとても美しい音色を奏でるアレイムビラ(カリンバの一種)を中心として数種類のスリットドラムなどの音階打楽器、ジャンベやウドゥドラムをはじめとした膨大なパーカッション群、ピアノやトイピアノなど様々な生楽器と肉声を取り入れ更なる独自のスタイルを探求した本作では、混沌としたリズムと美しいメロディーが調和をなした新たな世界観を確立、時間と空間を超越したかの如き比類なき充実した作品として帰結し、10年代後半を彩る傑作の1つとして語り継がれるであろう。

特筆すべきM3「Ruins Of Prayer」、M7「The Gear Of Destiny」をはじめ、細やかな音の粒子が幾重にもうねりを生みながら1つの壮大な叙情詩として描かれた仕上がりに、多様なサウンドを請け負う音のプロフェッショナルとしての表現力が如何なく発揮されている。

Ametsub、aus、mergrimといったメロディアスかつ流麗なサウンドのファンに大推薦!

All Songs Written, Composed, Performed Mixed and Produced by Kita Kouhei
Recorded at Studio Guzli, Kyoto, Japan 2016-2017

Array Instruments Array Mbira Royal Mahogany Four-Octave, Rav Vast Drum Melodic Steel Tongue Drum A-Integral Scale,
Yamaha UprightPiano (old), Schoenhut ToyPiano, Blade Four-Strings Fretless Bass, 
Sonor DrumSet DesignerSeries Birch Bd 20×16 Ft 14×14 Tt 10×9,  Sonor Snare ArtistSeries Birch 12×4, Sonor Snare ArtistSeries Beech 13×4,
K Zildjian Hi-Hats 14, RemixSeries Hi-Hats 12, RemixSeries Breakbeats Ride 18,  K Zildjian Custom Crash Thin 17, K Zildjian Custom Crash Thin 18, 
Sonor Cajon Tineo, Lp Udu Drum Lp1400-C1, Rope Tuned Wood Djembe, TreeWorks Windchime Tw-Tre23, LP Finger Cymbals LP436, And All Artistic Living Environment Sounds

Except
M1, 6 and 7 Vocal, Chorus and Voice by Takayama Naoko a.k.a. Carneiro

Mastered by Chihei Hatakeyama
Artwork and Design by Kita Kouhei
Photography by Yukie
Translated by Taba Shino
All Songs Titled by Takayama Naoko a.k.a. Carneiro

◆プロフィール 北 航平(キタ・コウヘイ、kita kouhei)

京都出身在住の音楽家、打楽器奏者。幼少の頃より親しんだピアノ、長年スタジオミュージシャンとして培った打楽器の技術、常に一緒に過ごしてきた絵画の美的感性を駆使し、類い稀な才能の卓越したリズムメイキングと音楽的センスにより唯一無二の音風景を創造するアーティスト。

音楽学校を主席で卒業後、tickでのバンド活動を経て、関西を中心に様々なセッション、レコーディング、ツアーなどの仕事をはじめ、その後東京へ拠点を移す。ドラマー/パーカッショニストとしては、ルーツ系~ブラックミュージック系、クラブ系、ブレイクビーツ系のグルーヴを得意とする。
主な共演は、A Hundred Birds Orchestra、Sly Mongoose、COSA NOSTRA、塩次伸二(West Road Blues Band)、妹尾隆一郎、Flicker Tone、ミトカツユキ、ロケットマン、ROUND TABLE、カルネイロ(Ex.Fonogenico)、Unlimited tone、植村花菜、中村舞子など。

東京での活動を経て2012年末に京都に戻り、音楽制作会社studio guzli【スタジオグズリ】を設立し、ワールドビジョンジャパンTVCM、プロアクティブTVCM、フジ医療器PV、コシノヒロコ展PV、シュウウエムラスペシャルコンテンツなどを始め様々なCM音楽やドキュメンタリー番組の音楽、前衛系舞台の音楽やアプリ開発の音響効果、京都市と造形芸術大学の共催アートイベントのBGMなど幅広く手掛け、放送業界最高の栄誉と言われる第51回ギャラクシー賞CM部門選奨受賞作品の音楽も担当。

2015年、自然音やノイズ、世界的にも珍しい数々の生楽器を用いたブラックミュージックをルーツとするキレのあるビートメイキングと、美しく切ない感情表現の融合により、1stアルバム『endless cycle of rebirth』を、また2016年には2ndアルバム『akashic records』(共LANTERNレーベル)をリリース、世界的評価を得ると同時にアート界隈からのファンも多い。

そして2017年5月、待望を3rdアルバム『Imbalance Order And World』をPROGRESSIVE FOrMよりリリースする。

¥ 2,160

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。