【PFCD105】Fugenn & Tooson "POSTMODERN SOPHISTY" CD | PROGRESSIVE FOrM

1/4

【PFCD105】Fugenn & Tooson "POSTMODERN SOPHISTY" CD

¥2,160 税込

この商品は送料無料です。

◆銀行振込をご希望の方はCONTACTよりお問い合わせ下さい。
◆We can send CD to abroad, also Paypal is available, please feel free to send a message to us.

Fugenn & Tooson "POSTMODERN SOPHISTY" PFCD105 2021.12.15 release http://www.progressiveform.com

◆Tracklisting

01. Approach
02. Pathos
03. Sophisticated
04. Light In The Dark
05. Evenfall
06. All Over
07. Calm
08. Indulge
09. Inner Peace
10. Majestic
11. Turn Around
12. Outro

https://soundcloud.com/progressive-form/sets/fugenn-tooson-postmodern


◆【POSTMODERN SOPHISTY】紹介文

Fugenn & The White Elephants started activities as "Fugenn & Tooson" from the latter half of 2020 with his ally Tooson who had formed a unit of HIP HOP production for about 4 years in the middle to the latter half of the 2000s, and the album "FAR EAST CITY SCAPE" from the art hole. "GOD BLESS ISLAND" "INNER CITY DUB" "FAR EAST CITYSCAPE2" will be released, and the 5th full album will be released from PROGRESSIVE FOrM in December 2021 as a national distribution board!

In the music production of "Fugenn & Tooson", Tooson is mainly in charge of the beat production that is the base of the music, and Fugenn is on top of the development, the upper mono, the melody part, etc.

The album begins with the opening M1 "Approach" featuring a bewitching female chorus and male vocals, and M2 "Pathos" involuntarily listens to Fugenn's spectacular and melancholic progression. Even after that, the emotional M6 "All Over" M8 "Indulge" M10 "Majestic" M11 "Turn Around" is a noteworthy song, even though the vocals and productions are fascinatingly developed with various interpretations and approaches. I can say.

Keep an eye on that activity in the future, "Fugenn & Tooson", a production unit that can be said to be one of the renewed attentions.

Fugenn & The White Elephantsが2000年代中~後半に4年程HIP HOPプロダクションのユニットを組んでいた盟友Toosonと2020年後半より《Fugenn & Tooson》として活動を開始、術ノ穴よりアルバム『FAR EAST CITYSCAPE』『GOD BLESS ISLAND』『INNER CITY DUB』『FAR EAST CITYSCAPE2』をリリースし、満を持して5thフルアルバムを全国流通盤としてPROGRESSIVE FOrMより2021年12月にリリース!

《Fugenn & Tooson》の楽曲制作において、Toosonは主に楽曲のベースとなるビートプロダクションを担当し、その上でFugennが展開や上モノ、メロディー部分などを重ねているとのこと。

妖艶な女性のコーラスと男性のボーカルが特徴的なオープニングのM1「Approach」からアルバムは始まり、M2「Pathos」ではFugenn特有の壮大でメランコリックな進行に思わず聴き入ってしまう。その後も様々な解釈やアプローチで魅惑的に展開されるボーカルとプロダクションの融け合い中でも、情感溢れるM6「All Over」M8「Indulge」M10「Majestic」M11「Turn Around」は特筆すべき楽曲であると言えよう。

今後もその活動から目が離せない《Fugenn & Tooson》、今最注目の一つと言えるプロダクションユニットである。


◆【POSTMODERN SOPHISTY】クレジット

All Tracks Written, Performed, Arranged & Produced by Shuji Saito & Tooson
2021 Japan

Mastered by Shuji Saito

Photography Selected by Shuji Saito, Tooson & nik
Layout & DTP by nik

And Special Thanks to: ALL


◆プロフィール Fugenn & Tooson

《Fugenn & The White Elephants》
Shuji Saitoによるプロジェクト。疾走感溢れるビートと美しいメロディーを混在させた楽曲を得意とするトラックメーカー。
2004年よりトラックメーカー兼 DJとして活動を開始。2008年よりFugenn & The White Elephants名義でSymbolic interactionやKoenParkのリミックス他国内外の多くのプロジェクトに参加、2011年2月Pleq「Good Night Two」に参加する。そして同4月PROGRESSIVE FOrMより待望の1stフルアルバム「an4rm」をリリース、「Narcissus」「Phonex」という2楽曲のPVと共に大きな好評と非常に高い評価を得ている。
またYMOのカバーアルバム『YMO REWAKE』、『坂本龍一トリビュート』、『ジョビン・トリビュート』に楽曲を提供するなど、活動を幅を着実に広げ、更なる注目を集めている逸材である。
2012年にはSonarSound Tokyo 2012に出演、5月に2ndフルアルバムにして名盤たる『Prays』をリリース、2012年6月には初期音源集となる3rdアルバム『Archetype-Zero』をイギリスにてリリース。そして2013年8月8日、4thアルバム『B A BEACON』をリリース。
以降、「レイクALSA」「AU」「docomo AQUOS PHONE EX SH-04E」「NOTTV 」「NeNAクリスタルクルセイドmobage」「adidas Japan National Football Team サッカー日本代表」「Honada Concept B at 2014 Beijing Auto Show」「 Lexus The All-New Lexus RX - Insights from the chief designer」等、国内TVCM、TV番組BGMや、国際的なWebBGMも担当しマルチな音楽家として活動している。
2018年7月、5年振りとなる5thアルバム『Nehan Loops』を自身のbandcampで発表、10月には流通盤として6thアルバム『Elevated Petal』を、翌2019年12月には7thアルバム『Layer Of Soul』をPROGRESSIVE FOrMよりリリース。
その後、2000年代中~後半に4年程HIP HOPプロダクションのユニットを組んでいた盟友のToosonと《Fugenn & Tooson》として活動を2020年後半より再開、術ノ穴よりシングル「夢幻」、エレクトロニックチャートの国内外でチャートインしたアルバム『FAR EAST CITYSCAPE』をリリース。その後もアルバム『GOD BLESS ISLAND』『INNER CITY DUB』を半年に満たない短期間でハイペースなリリースを重ね、いずれのアルバムもチャートインを果たしている。
そして2021年12月、初の全国流通盤となる《Fugenn & Tooson》としての5thアルバム『POSTMODERN SOPHISTY』をPROGRESSIVE FOrMよりリリースする。

《Tooson》
2000年代後半に4年程FugennとHIP HOPのビートメーカーとして活動。2010年頃よりは東京や千葉のアンダーグラウンドHIP HOPシーンにおいてDJ兼ビートメーカーとして別名義含め様々なラッパーへのビート提供やプロデュースを行う。2020年後半より再びFugennと楽曲の共作を再開。《Fugenn & Tooson》として術ノ穴よりシングルの『夢幻』、アルバム『FAR EAST CITYSCAPE』をリリースし、iTunes Storeエレクトロニックトップアルバム日本2位、ロシア3位、Apple Musicエレクトロニック トップアルバム香港13位を記録。その後アルバム『GOD BLESS ISLAND』『INNER CITY DUB』を半年に満たない短期間でハイペースな共作リリースを重ね、Apple Musicエレクトロニックトップアルバム香港10位、iTunes Storeエレクトロニック トップアルバム 日本11位になるなど、いずれのアルバムもチャートインを果たしている。
Fugennとの曲制作においては主に楽曲のベースとなるビートを担当し、長年親しんだブラックミュージックにより培われた質感の高さ、ストリート感と哀愁はFugennにも多大な影響を与えている。
そして2021年12月、初の全国流通盤となる《Fugenn & Tooson》としての5thアルバム『POSTMODERN SOPHISTY』をPROGRESSIVE FOrMよりリリースする。

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,160 税込

送料無料

最近チェックした商品
    その他の商品