【PFCD98】pisica "passé et réalité" CD

◆銀行振込をご希望の方はCONTACTよりお問い合わせ下さい。
◆We can send CD to abroad, also Paypal is available, please feel free to send a message to us via CONTACT.

pisica "passé et réalité" PFCD98 2020.8.12 release http://www.progressiveform.com

◆Tracklisting

01. 1'
02. mi ka ge (re')
03. qurage (re')
04. then the tears
05. lumi (re')
06. 2'
07. 蛍灯
08. limited space (re')
09. 花時雨
10. lune a l'aube d'ete
11. moon phase
12. lost
13. hazy blossoms -邏/譚- feat. Smany

https://soundcloud.com/progressive-form/sets/pisica-passe-et-realite-pfcd98

◆【passé et réalité】紹介文

2015年よりエレクトロニカ~ポストロック~ピアノジャズユニットkeshiki.にてキーボード、VJ、コンポーザーとして活動を開始、2018年より活動をソロプロジェクトに移したpisica、2019年8月にLAのレーベルDetroit Undergroundからリリースした『#1』より約1年、自身の現時点における集大成とも言える衝撃かつ待望の2ndフルアルバム『passé et réalité』が完成!

passé et réalité(過去と現実)と名付けられた本作は、美しさと物悲しさが深く混在するそのサウンドにおいてpisicaの世界観が色濃く描かれています。また知らず知らずの内に聴き手の心の琴線に触れる突き抜けた音楽性は見事と言える至高の一枚に仕上がっている。

「今回の作品のテーマは《過去の自分と現在の自分との融合》。久し振りにピアノと向き合い 本来の自分の姿であるノイズ、インダストリアル、エクスペリメンタルな要素を含む音にピアノを中心とした楽器を乗せ、創り上げた楽曲」と作品に触れるpisica。

シャープなリズムに絡むピアノとストリングスが郷愁を誘うM2「mi ka ge」M3「qurage (re')」M8「limited space (re')」、重いダウンビートとリーディングがスペイシーに響くM4「then the tears」、ひたすらに美しいピアノが印象的なM7「蛍灯」、深淵な世界観がある意味このアルバムを象徴するかのようなM12「lost」、そしてPROGRESSIVE FOrMで2019年にアルバム『to lie latent』をリリースしたSmanyをフィーチャリングしたエンディングを飾る「hazy blossoms -邏/譚-」をはじめ、魅惑の楽曲群による永遠に聴いていたいと思わせる見事アルバムとして結実している。

Began working as a keyboard, VJ, and composer at the electronic jazz-post rock-piano jazz unit keshiki. since 2015.pisica, who moved her solo project from 2018, released on LA label Detroit Underground in August 2019. About one year after "#1", the shocking and long-awaited 2nd full album "passé et réalité", which can be said to be the culmination of his present moment, is completed!

Named passé et réalité (past and reality), pisica's worldview is strongly depicted in its sound, where beauty and sadness are deeply mixed. In addition, the musicality that the listener touches the heartstrings of the heart without knowing it is finished as a supreme supreme piece.

"The theme of this work is "fusion of past and present self". Facing the piano for the first time in a long time Focusing on the piano, which is the original image of noise, industrial, and experimental elements Pisica touches the work with a musical instrument created and created.

M2 "mi ka ge" M3 "qurage (re')" M8 "limited space (re')" with piano and strings inviting nostalgia with sharp rhythm, M4 "then the tears" where heavy downbeat and reading sound spacey ”, M7 “firefly light” with a beautiful piano all the time, meaning that there is a deep world view M12 “lost” as if symbolizing this album, and PROGRESSIVE FOrM's album “to lie latent” in 2019 "Hazy blossoms -邏/譚-", which features the ending featuring Smany, has been released as a wonderful album that will make you want to listen forever with a fascinating group of songs.


◆【passé et réalité】クレジット

all tracks composed, performanced, arranged & mixed by pisica 2018~2020

except:
M2 & 9 drums by masayuki kato
M13 vocal, chorus & lyrics by Smany

mastered by yoshio machida at amorfon
artwork by pisica
layerd drawing by betsu_mirume


◆プロフィール pisica

幼少期から管楽器の演奏を始め、16歳の時から地元の楽団にクラリネット、バスクラリネット担当として所属。
2015年よりエレクトロニカ~ポストロック~ピアノジャズユニットkeshiki.にてキーボード、VJ、コンポーザーとして活動を開始。
2018年よりpisica名義でのソロプロジェクトとして始動。アンビエント、テクノにノイズ、インダストリアルといった要素を取り入れた楽曲を制作する。2018年12月24日にIkuko MorozumiのレーベルMomentとkonofuminのレーベルARCHEの共催によるコンピレーションアルバム『Moment Woman Compilation "Color"』に7曲目の「snowlights」で参加、同コンピレーションのアートワークも手掛ける。また2018年12月17日のDOMMUNEで開催されたの同コンピレーションのリリースイベント用のアートワークやトレイラー等制作のアートディレクションで携わる。
またソロでの活動と同時に、インプロビゼーションユニットpisi湖(コーラ:lyric/voice、pisica:syn/beatmake/VJ)での活動も開始させる。
2019年からはLAのレーベルDetroit Undergroundに所属、8月にアルバム『#1』をリリース。
音楽活動の傍らアートワーク制作、イベントでのライブや総合VJ等として多々出演。またMV制作も手掛けている。
そして2020年8月、PROGRESSIVE FOrMよりアルバム『passé et réalité』をリリースする。

She began playing wind instruments from an early age, and has been a clarinet and bass clarinet in charge of a local orchestra since the age of 16.
Since 2015, he has been active as a keyboard, VJ, and composer at electronica-post rock-piano jazz unit keshiki.
Started as a solo project under the name of pisica from 2018. Creates music that incorporates elements such as ambient and techno into noise and industrial. On December 24, 2018, he participated in the compilation album "Moment Woman Compilation "Color"" co-sponsored by Ikuko Morozumi's label Moment and konofumin's label ARCHE with the 7th song "snowlights", and also worked on the artwork for the compilation. In addition, he will be involved in the art direction for the artwork and trailers for the release event of the compilation held at DOMMUNE on December 17, 2018.
At the same time as the solo activity, the improvisation unit pisi lake (cola: lyric/voice, pisica: syn/beatmake/VJ) will also be started.
From 2019, he belongs to LA label Detroit Underground and released the album "#1" in August.
Aside from music activities, he has produced many artworks, performed at events, and appeared as a comprehensive VJ. He also works on MV production.
Then, in August 2020, the album "passé et réalité" will be released from PROGRESSIVE FOrM.


発売日   : 2020年8月12日(水曜日)
アーティスト: pisica(ピシカ)
タイトル  : passé et réalité(パセエリアリテ)
発売元   : PROGRESSIVE FOrM
販売元   : ULTRA-VYBE, INC.
規格番号  : PFCD98
価格(CD) : 税抜本体価格¥2,200
収録曲数  : 13曲
JAN     : 4526180532279

¥ 2,160

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する