【PFCD93】kokubu "Creation From Consensus" CD

◆銀行振込をご希望の方はCONTACTよりお問い合わせ下さい。
◆We can send CD to abroad, also Paypal is available, please feel free to send a message to us via CONTACT.

kokubu "Creation From Consensus" PFCD93 http://www.progressiveform.com

◆Tracklisting

01. Lathe
02. Invention
03. Previous Arrangement
04. Measurement
05. Stagnation
06. Transportation
07. Verification
08. Accelerate
09. Confirmation
10. Commanding View
11. Measurement rakia Remix
12. Previous Arrangement ninomiya tatsuki Remix
13. Transportasion House Of Tapes Remix
14. Confirmation Kita Kouhei Remix

https://soundcloud.com/progressive-form/sets/kokubu-creation-from-consensus

◆【Creation From Consensus】紹介文

FUNK x JAZZ x ROCK x ALTERNATIVE x ELECTRONIC

仙台を拠点に活動する名うてのミュージシャン4名、PROGRESSIVE FOrMでの4枚を含む6枚のアルバムを2011年から2017年にかけてリリースしてきたM-Koda(作曲、鍵盤、マニピュレーター)、オルタナティブバンドSugarmanのフロントマンmon(ギター)、普段はJazz Sax奏者として活躍しながら個人でも電子音楽を制作するShota Katsube(管楽器)、二人組インストバンドCONTRAIREのギター&ドラムを担当しながら作曲もするobt(パーカッション)により結成されたバンドkokubu、その研ぎすまされた1stアルバム『Creation From Consensus』が完成!

1stとは言えそれぞれに10年近くの活動歴を誇るミュージシャンにより奏でられたアンサンブル、そのサウンドは見事のひと言に尽きる。
まるで車窓の風景が様々に変わっていくように、ファンクやジャズ、オルタナティブなロックの香り、エレクトロニックサウンドといった要素が曲毎に入れ替わり立ち替わり配分を変えながらも力強く説得力を増して訴えかけてくる。

『Creation From Consensus』というタイトルからも感じられるように、4人のメンバーがそれぞれに解釈に解釈を重ね、理解に理解を重ね導き出された答え=サウンドには彼等独自の魔法が施されている。
オープニングを飾りkokubuの名を高らかに鳴らす「Lathe」続くM2「Invention」ではソリッドなリズムにシャープなギターとグルーヴィーなホーンがコズミックで印象的だ。
M3「Previous Arrangement」では70~80年代のスイートなフュージョン・サウンドを彷彿とさせる出色の出来映え。
そして本作のハイライトの1つM5「Stagnation」では美メロを軸に成熟されたサウンドが展開される、ローズの響きも秀逸。
M8「Accelerate」ではそのタイトル通り疾走感がたまらない、是非ライブで観てみたいチューンである。
他にもブレイクでのホーンのメロディー展開がとても印象的なM4「Measurement」、ロックな響きが心地良いM9「Confirmation」を含め非常に濃密なアルバムに仕上がっている。

また本作ではオリジナル楽曲に続き、PROGRESSIVE FOrMでアルバムをリリースする4組、ninomiya tatsuki、rakia、House Of Tapes、北 航平がリミックスで参加しています。

Four famous musicians based in Sendai, M-Koda (composition, keyboard, manipulator) who released 6 albums including 4 at PROGRESSIVE FOrM from 2011 to 2017, front of alternative band Sugarman Man mon (guitar), usually formed as a Jazz Sax player, while personally producing electronic music, Shota Katsube (wind instrument), duo instrumental band CONTRAIRE guitar and drum composer obt (percussion) Band kokubu completes its sharpened 1st album “Creation From Consensus”!

Although it is 1st, the ensemble played by musicians who have been active for almost 10 years each, the sound is exhaustive.
As if the scenery of the car window changes in various ways, elements such as funk, jazz, alternative rock scent, and electronic sound are replaced with each other, changing the distribution and changing the distribution.

As can be seen from the title “Creation From Consensus”, the four members have each interpreted and interpreted, and the answer is derived from understanding and understanding. The sound has their own magic. .
In the opening of the “Lathe” followed by “Lathe”, which adorns the name of the kokubu, the M2 “Invention” has a solid rhythm, a sharp guitar and a groovy horn.
The M3 “Previous Arrangement” is a work of color that is reminiscent of the sweet fusion sound of the 70s and 80s.
And one of the highlights of this work, M5 “Stagnation”, the sound of a rose, where the sound matured around beauty melodies is developed, is also excellent.
M8 “Accelerate” is a tune that you can't wait to see as the title, and you want to watch it live.
In addition, M4 “Measurement”, which has a very impressive melody development of the horn in the break, and M9 “Confirmation”, which has a pleasant rock sound, is finished in a very dense album.

In this work, following the original music, 4 groups that will release albums at PROGRESSIVE FOrM, ninomiya tatsuki, rakia, House Of Tapes, and Kouhei Kita will participate in the remix.


◆【Creation From Consensus】クレジット

All Tracks Written, Performed, Arranged and Produced by kokubu

kokubu are mon (Guitar)
Shota Katsube (Brass Instruments)
obt (Percussion)
M-Koda (Composetion, Keyboards and Manipulator)

Except M11 Remix by rakia
M12 Remix by ninomiya tatsuki
M13 Remix by House Of Tapes
M14 Remix by Kita Kouhei

Mastered by Yoshio Machida from amorfon
Artwork by Satoshi Kanno


◆プロフィール kokubu

テクノロジーやアイディアをフル活用し音楽表現をし続けるというコンセプトの元、2018年初頭に結成された4人組のバンド。
メンバーは、仙台を拠点にPROGRESSIVE FOrMよりリリースした4枚を含む6枚のアルバムを2011年から2017年にかけてリリースしてきたM-Koda(作曲、鍵盤、マニピュレーター)、仙台のオルタナティブバンドSugarmanのフロントマンmon(ギター)、仙台を拠点に普段はJazz Sax奏者として活躍しながら個人でもシンセサイザーを多用し電子音楽なども制作するShota Katsube(管楽器)、仙台にて活動する二人組インストバンドCONTRAIREのギター&ドラムを担当しながら作曲も行っており作曲者視点からのパーカッションサウンドを得意とするobt(パーカッション)の4人が普段の交流の中から意気投合、東北一の繁華街である仙台の国分町からバンド名とする。
kokubuは世の中がイメージするバンドとはまた違う志向で動いている、音楽が好きで、音楽表現をできる個人の集合体。
自然な空気感やクセ、人間にしか持ち得ない共感力が表現できない時は人の手によって表現、人の手で限界がある、もしくは能力的な問題がある場合はテクノロジーを多用しながら、リスナーがそれぞれに様々な情景を想像出来るようなサウンドを目指している。

A four-member band formed in early 2018 under the concept of continuing to express music by making full use of technology and ideas.
Members are based on Sendai based M-Koda (composition, keyboard, manipulator), including 4 albums released from PROGRESSIVE FOrM from 2011 to 2017, Sendman's alternative band Sugarman frontman mon (Guitar), based in Sendai, usually plays as a Jazz Sax player, but also personally uses a lot of synthesizers and produces electronic music etc. Four people, obt (percussion) who specialize in percussion sound from the composer's point of view, collaborate with each other during normal exchange, band name from Sendai Kokubuncho, the most busy city in Tohoku And
kokubu is a group of individuals who have a different orientation from the band imaged by the world and who like music and can express music.
When you cannot express the natural feeling of air, peculiarity, or empathy that only humans can express, you can express it with human hands. Aims to create sounds that can imagine different scenes.


発売日   : 2019年11月13日(水曜日)
アーティスト: kokubu(コクブ)
タイトル  : Creation From Consensus(クリエーション・フロム・コンセンサス)
発売元   : PROGRESSIVE FOrM
販売元   : ULTRA-VYBE, INC.
規格番号  : PFCD93
価格(CD) : 税抜本体価格¥2,200
収録曲数  : 14曲
JAN     : 4526180496366

¥ 2,160

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する