【PFCD18】Ametsub『The Nothings of The North』

ぼく、大好きです。
ファンになりました。
坂本龍一

僕の住む街や、生活の「ノイズ」が彼の音楽と交わって、
それが涙が出るほど感動的なアンサンブルを響かせてくれました
こういう、日々に彩りをくれる音楽が、もっと世の中に増えればいいのにね
クラムボン ミト

Ametsub『The Nothings of The North』PFCD18/XECD1110

01. Solitude
02. Lichen with Piano
03. Repeatedly
04. Snowy Lava
05. Old Obscurity
06. Peaks Far Afield
07. Time for Trees
08. skyr
09. Faint Dazzlings
10. Mosfell (pathless)
11. 66
12. Off-Road 264

2006年リリースのデビュー・アルバム『Linear Cryptics』以後、2007年のJimanicaとのコラボレーション・アルバムを経ての待望のソロ2作目!ピアノを中心としたこの上なく美しいメロディーラインの数々と、さらに磨きのかかった緻密かつスリリングなリズムから生み出される至高の楽曲群から構成される、近年のエレクトロニック・ミュージックにおけるひとつの金字塔とも言える傑作!

○1st、コラボレーション・アルバムのリリースを経て知名度が確実に定着、本人がメイン・アクトでのライブも増え、現在は年に20本近くのパフォーマンスを行う。それにより既発アイテムのバックが途切れることなく続くアーティストに成長!
○AOKI takamasa、高木正勝らを輩出、このジャンルにおいてシーンを牽引するPROGRESSIVE FOrMレーベルを象徴する抜群のクォリティーを持った傑作!

Ametsub [アメツブ]

東京を拠点に活動する音楽家。半野喜弘や青木孝允らを筆頭とするPROGRESSIVE FOrMからリリースされた「forma 2.03」に20歳で参加し、国内外から評判を集める。その後、1st Album 「Linear Cryptics」をリリース。世界最大のエレクトロニック・ミュージック・フェスティバルを起源とする、sonarsound tokyoに出演。ゲームボーイによるパフォーマンスも話題となり注目を呼ぶ。その後、Vladislav DelayやBlue Foudation、Calm、竹村延和、Numb、AOKI takamasa等との競演も重ねる。2007年には渚音楽祭、また野外フェスティヴァルSense Of Wonderにも出演、多くのオーディエンスを魅了したライブはスペースシャワーTVの放映に選出され、翌年の同フェスティヴァルへの出演も位置付ける。2008年夏にはアイスランドでのライブも敢行。d.v.dのJimanica(drum)とのコラボレーションも始まり、Jimanica × Ametsubとしてのアルバムが2007年にリリース。初ライブではPARA、クラムボン、toeと共演、同年秋には渚音楽祭への出演も果たす。暗く美しい独自の世界観と、壮大な情景を描写する様な音楽性は、今後の活動に期待が高まる。2009年2月、待望の2nd Albumがリリースされる。
http://www.drizzlecat.org

¥ 2,200

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。