digital - House Of Tapes "Colorful Life" PFCD88(16441_PFCD88.zip)

01. Easter
02. All The Light
03. Wonder Word
04. Rose
05. Colors Plan
06. Clear Sky
07. Funeral
08. Emerald
09. Glitter
10. Moment
11. All the Light kondo tomohiro (HUSH) Remix
12. Emerald nabateä Remix
13. Moment Super Magic Hats Remix
14. Starlight AKR-FITW Remix
15. Starlight *digital only

https://soundcloud.com/progressive-form/sets/house-of-tapes-colorful-life

◆【Colorful Life】紹介文

2013年より7枚のアルバムと4枚のEPをネットレーベルでリリース、2017年にはSwamp Sounds名義でイギリスの音楽レーベルBearsuit Recordsからスプリットアルバム『Swamp Sounds & Uncle Pops』を発表、叙情的なエレクトロニカからスリリングなビートミュージックまで変幻自在にエレクトロニックサウンドを操る名古屋在住の電子音楽家Yuuya Kunoのソロプロジェクト《House Of Tapes》、2018年3月にPROGRESSIVE FOrMよりリリースした8枚目となるアルバム『Made In Hope』から1年2ヶ月、待望の9thアルバム『Colorful Life』は様々な世界観が1枚に集約された秀逸作として完成した!

本作『Colorful Life』は、前作『Made In Hope』で示したディープ・アンビエンス・ビーツとでも称すべき多彩な音響表現と巧みなビートメイキングからなるオリジナリティー感をベースに、エレクトロニックに限らずアコースティックなサウンドも取り込んだことにより表現の幅と楽曲の成熟度が格段に増し、煌びやかでもあり美しくも感傷的な印象を残す楽曲群となっている。

例えば、オープニングを飾る「Easter」はボイスとダウンビートの絡みがArcaを想起させるような独特の魅力を放っている。M2「All The Light」は情景を強く感じさせるポジティブな光のごとき旋律に耳がいく。M3「Wonder Word」もポジティブなポップ感をベースに今度はそこに軽快なビートが絡む様が印象的である。
一転してM4「Rose」では美しいローズを軸に生ドラムを感じさせるリズムセクションが絡むポストロック感が心地良い。M6「Clear Sky」では叙情的なメロディー群と生ドラム的なタイトなリズムセクションとが非常に感傷的な印象を与える。
M7「Funeral」では様々に絡み合う弦楽器が濃密な世界観を描く成熟された空気感を纏ったダウンテンポが特徴。
そしてM8「Emerald」ではまるでボーズ・オブ・カナダを思い起こすかのような高貴なエレクトロニックサウンドが展開される。

また本作では、PROGRESSIVE FOrMより2017年3月に2ndアルバム『Wish』そして2018年12月に3rdアルバム『Pure Paradise』をリリースしたロンドン育ち/メルボルン在住のミュージシャン兼プロデューサーRob Mastertonによるソロ・プロジェクトSuper Magic Hats、2013年よりアンビエント/エレクトロニカ/テクノ/ポストロックなどを取り入れた実験的かつエモーショナルなサウンドが特徴的な愛知県在住のトラックメイカーnabateä、名古屋を拠点に活動するロックバンドHUSHのギタリストでソロではバンドでのジャングリーなギターサウンドとは一線を画したエレクトロニカ~アンビエントなサウンドメイクを行っているkondo tomohiro、仙台を拠点にiPhoneのみで音楽制作からリリースまで行う音楽家でネットレーベルCyber Frog Recordz主宰するAKR-FITWというHouse Of Tapesと繋がりの深い4組のアーティストはリミックスで彩りを飾っている。

アーティストによる『Colorful Life』へのコメント
人生は彩りに溢れている。たとえ悲哀ですら、ひとつの色で。
このアルバムは、誰かを幸福にする可能性を模索の上で成り立っている。
私が求めたのは、現実と対峙した上での幸福感であって、現実逃避する為の多幸感ではない。
人生においては死すら、色のひとつで。そこから顔を背けては何も分からないし、何も変わらない。
私は幾つもの夜を越え、足元を見失って、何も見えなくなった。
目を伏せる中、やがて幾つもの燦々と輝く色を聴いた。
彩る光を聴いた。彩る光を見た。
そう君も、このアルバムの10色の彩りに何かを感じることを祈って。

Released seven albums and four EPs on the net label from 2013, and in 2017 announced the split album "Swamp Sounds & Uncle Pops" from the British music label Bearsuit Records under the Swamp Sounds name, from lyrical electronica A solo project “House Of Tapes” by Nagoya-based electronic musician Yuuya Kuno who manipulates electronic sounds in a imaginative way to thrilling beat music, from the eighth album “Made In Hope” released from PROGRESSIVE FOrM in March 2018 One year and two months, the long-awaited 9th album 'Colorful Life' has been completed as an excellent piece of various views of the world.

This work "Colorful Life" is based on an originality feeling that consists of various acoustic expressions and skillful beat making that should be called the deep ambience beats shown in the previous work "Made In Hope", and it is an acoustic sound not limited to electronic The range of expressions and the maturity of the music has been dramatically increased by incorporating it, and it has become a music group that leaves a striking impression as well as a beautiful and beautiful one.

For example, the opening "Easter" has a unique attraction that voices and downbeats evoke Arca. M2 "All The Light" hears the melody like a positive light that makes the scene feel strongly. The M3 "Wonder Word" is also based on a positive pop feeling and it is impressive that light beats are involved there.
In turn, the M4 "Rose" has a pleasant post-locking feeling with a rhythm section that makes the live drum feel about a beautiful rose. The M6 ​​"Clear Sky" gives a very sentimental impression of lyrical melody groups and live drum tight rhythm sections.
The M7 "Funeral" features a downtempo with a matured air of string instruments that intertwine in various ways to create a dense world view.
And in the M8 "Emerald", noble electronic sounds are developed as if it reminded of Bose of Canada.

Also, in this work, the London-born / Professive FOrM released the 2nd album 'Wish' in March 2017 and the 3rd album 'Pure Paradise' in December 2018 / A solo project Super Magic by Melbourne based musician and producer Rob Masterton Hats, the trackmaker nabatee who lives in Aichi Prefecture with experimental and emotional sounds that incorporate ambient / electronica / techno / post-rock etc. since 2013 And kondo tomohiro who is doing an ambient sound make-up, apart from a jumble guitar sound in the studio, AKR, who predominates the net label Cyber ​​Frog Recordz, a musician who performs music release and release from the Sendai-based iPhone only Connection with House Of Tapes named FITW Have four sets of artists have graced the colors in the remix.

Artist's comment on "Colorful Life"
Life is full of color. Even sorrows, in one color.
This album is based on the search for the possibility of making someone happy.
What I sought was a sense of well-being after confronting reality, not euphoria to escape reality.
Even death in life is one of the colors. When I turn away from there I know nothing and nothing changes.
I went through many nights, lost my feet and couldn't see anything.
As I lay down my eyes, I heard a number of bright colors before long.
I listened to the light that colors. I saw the light that colors.
Yes, I hope you feel something in the 10 colors of this album.


◆『Colorful Life』クレジット

All Tracks Composed, Arranged, Mixed by House of Tapes
2018~2019 Nagoya, Japan.

Except
M11 Remix by kondo tomohiro (HUSH)
M12 Remix by nabateä
M13 Remix by Super Magic Hats
M14 Remix by AKR-FITW

Mastering by ARK MIXING
Artwork by House Of Tapes
Layout & Design by nik

¥ 1,980

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(544582088 バイト)

通報する