digital - fuishoo "One Day In The City" PFCD92(16:441_PFCD92.zip)

01. 花ト成ル feat. yuuki
02. 小森詩 feat. yuuki
03. Two, Four, Six
04. Ghost Town
05. Youth
06. Chocolate Is Damn Drug
07. Down, Down, Down
08. Filter Tripper
09. Toybox
10. Broken

https://soundcloud.com/progressive-form/sets/fuishoo-one-day-in-the-city

◆【One Day In The City】紹介文

2009年からプロのジャズピアニストとして活動を開始、2018年にはTREKKIE TRAXのコンピレーションに参加した異色のトラックメイカーfuishoo、本作は2018年にOMOIDE LABELよりリリースした1stEP「morning」に続く、ヴォーカル~ヴォイスを前面に打ち出した待望の1stアルバム!

「ある一日における群像、情景、ドラマを音楽で表現したいという思い」から名付けられた本作において、その楽曲群は多くの人々の様々なストーリーを写し出したがごとく起伏に富みながらテンポ良く展開していく。

女性シンガーyuukiをフィーチャリングしたアルバムのリードトラックの1つ「花ト成ル」で幕を開ける本作は、アーティストfuishooの多彩なサウンドプロデュースワークを感じることが出来る。同じくyuukiをフィーチャリングした続く「小森詩」では儚くも美しいメロディーに心奪われる。
一転してM3「Two, Four, Six」M4「Ghost Town」M6「Chocolate Is Damn Drug」ではTREKKIE TRAXを思わせるようなキレ味の鋭いエレクトロビートにキャッチーなコーラスが重なるテイストが非常に力強い。
またM5「Youth」M8「Filter Tripper」ではダンスミュージックをベースとしつつJazz~フュージョンやダンスクラシックスの要素が絶妙に絡む様が非常に印象的な仕上がりになっている。
そして極めつけはアルバムのラストを飾る「Broken」だ。美しいピアノの旋律から入るエンディングに相応しいバラード調のチューンかと耳を傾けているとまるで天使と悪魔のような仕掛けが施されている、是非聴いて頂きたい。

本作は様々なサウンドを携わってきたfuishooならではのバラエティーに富んだアルバムであるのと同時に、その高いサウンドプロデュース力及び抜群のソングライティング力が高次元で重なっているから故のクオリティーと説得力が内包されている。
アートワークは広告などでも非常に人気の高いコラージュ・アーティストであるQ-TAが担当。

Started as a professional jazz pianist in 2009, in 2018 the unique track maker fuishoo who participated in the TREKKIE TRAX compilation, this work follows the 1st EP "morning" released from OMOIDE LABEL in 2018, vocal to voice Is the long-awaited 1st album!

In this work, which was named after "I want to express a group image, scene, and drama with music in a certain day", the song group has a variety of stories of many people, but it is rich and undulating, and it develops with good tempo. To go.

Opening with one of the lead tracks of the album featuring female singer yuuki, "Hana Tonaru Lu", you can feel the various sound production work of artist fuishoo. The following “Komori poetry”, which also features yuuki, is fascinated by the beautiful melody.
Turning to M3 “Two, Four, Six”, M4 “Ghost Town”, and M6 “Chocolate Is Damn Drug”, the taste of super-beat electro beats reminiscent of TREKKIE TRAX is super strong.
The M5 “Youth” and M8 “Filter Tripper” are based on dance music and have a very impressive finish with elements of Jazz, Fusion and Dance Classics.
And the ultimate is “Broken”, which decorates the last of the album. If you listen to a ballad tune suitable for the ending that enters from the beautiful piano melody, it is like a angel and a devil.

This work is an album rich in variety only by fuishoo who has been involved in various sounds, and at the same time, its high sound producing ability and outstanding song writing ability overlap in a high dimension, so the quality and persuasive power are It is included.
Artwork is handled by Q-TA, a collage artist who is very popular in advertising.


◆『One Day In The City』Credit

All Tracks Written, Arranged, Mixed and Produced by fuishoo 2018~2019, Shizuoka, Japan

Except:
M1 Vocal & Lyrics by yuuki
M2 Vocal, Lyrics & Written by yuuki

Artwork by Q-TA www.instagram.com/qta3
Design & Layout by nik

¥ 1,980

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(515955029 バイト)

通報する